本好きプチFIREのゆるいブログ

本とお金、そして東芝ブレイブルーパス東京を中心としたラグビーのブログをはじめてみました

東芝ブレイブルーパス東京 選手雑感(2)

 リーグワンのチームには外国人が沢山出場しています。去年までのトップリーグから規定が変わりましたので、東芝に当てはめて考えてみたいと思います。

 カテゴリーA:日本代表経験者、もしくは日本代表になる条件(居住年数や帰化な  
        ど)を満たす者
 カテゴリーB:居住条件等の条件を満たせば、日本代表になれる者
 カテゴリーC:他国の代表歴がある者
 ざっと書くと以上のようになります。

これを東芝に当てはめると、
A:リーチ、ナイカブラ、ラベマイ、ファアウリ、ディアンズ、サミソニ、金
B:ストラトン、ピアス、ベイトマン
C:トッド、テイラー、タマニバル
色々調べたのですが、不明なのはパイル、マクラカンですね。

 パイルは代表には選ばれたことがあるのですが、実際に試合に出場したことはありません。代表になっていても試合に出場したことがなければBになるのか、それとも代表になったということでCになるのかイマイチ分かりません。トッド、テイラー、タマニバルは2試合とも登録されましたが、パイルはまだ登録されたことがありません。とすると、Cのような気がします。

 マクラカンは、大学から日本に来ていたとすると、居住年数が今の規定上クリアになっているかどうか不明です。マクラカンはBかもしれませんね。

 Aの居住年数は、2021年末までは3年、2022年以降は5年に変更となりました。ファアウリはまだ4年なのですが、Aの扱いのようです。昨年7人制日本代表に選ばれたことから、Aになったと思われます。

 (続きます)

東芝ブレイブルーパス東京 リーグワン 第二戦 勝利

 対NTTドコモレッドハリケーンズ大阪で、リーグワン初勝利となりました’(35-16)。トライ数3で勝ち点1がプラスされますので、勝ち点は5となります。

 さて、試合後の印象ですが、やはり反則が多いこと、前回良かったスクラムが悪かったこと、序盤に関してはブレイクダウンが弱かったことなどが挙げられます。

 反則はチーム内で徹底するしかありませんので、今後修正して欲しいところです。
 ファウリがノーバインドタックルでレッドカードを貰いました。3試合くらい出場できなくなる可能性があります。個人的には外国人枠ならもっといい選手を採って欲しいと思っていたところ、昨年7人制日本代表に選ばれたことから、日本人枠(正確にはカテゴリーA。日本代表経験者もしくは日本代表になる条件を満たした外国人)ですので、外国人枠としては出場していません。それなら、ニコラス・マクカラン、桑山弟あたりを使ってもらいたいと思います。

 スクラムですが、藤野が弱いような感じですね。また、フッカーの橋本も弱いような感じがします。藤野から真壁、橋本から森に替えてから安定したように見えますので、次節から真壁・森をスタメンで使っても良いかもしれません。ただ、森も確か33歳。橋本が28歳くらいなので、橋本の奮起も期待したいところです。
 フッカーはここ数年毎年採用していますので、森の後継者が育ってないということでしょう。

 最初はあまりラックに入らず、ノット・リリース・ザ・ボールをとられ、ペナルティを決められてました。後半はあまりとられなかったので、修正してきたと思います。このあたりは、ゲームを薦めながら修正していくしかないでしょうね。

東芝ブレイブルーパス東京 リーグワン 第二戦 メンバー発表

 リーグワン 第二戦 対NTTドコモレッドハリケーンズ大阪のメンバーが発表されました。

1藤野 佑磨
2橋本 大吾
3小鍜治 悠太
4ワーナー ・ディアンズ
5ジェイコブ ・ピアス
6シオネ ・ラベマイ
7マット ・トッド
8山本 浩輝
9小川 高廣
10トム ・テイラー
11松延 泰樹
12中尾 隼太
13セタ ・タマニバル
14ジョネ ・ナイカブラ
15松永 拓朗
16森 太志
17眞壁 照男
18知念 雄
19梶川 喬介
20佐々木 剛
21ジャック ・ストラト
22ジョニー ・ファアウリ
23桑山 聖生

 サンゴリアス戦からのメンバー変更は、徳永に替わって山本、リーチに替わってラベマイです。山本はサンゴリアスリザーブに入ってましたので、その替わりは佐々木となっています。

 二人とも怪我でしょうね。大事をとったのか、それとも試合に出られないほどなのかが気になるところです。

 徳永は、日本代表にも選ばれ、チームでも共同主将をつとめるくらいの選手なのですが、いかんせん怪我が多いです。多分、1年フルに出場したことはないと思います。本人も気をつけているとは思いますが、本人にとってもチームにとっても痛いですね。

 ドコモは初戦リコーブラックラムズ東京と試合をし、22-43で負けています。ドコモに負けるようだと、第三戦がリコーですので、かなり厳しいことになると思います。

 そのリコーですが、静岡ブルーレブスとの試合が組まれていたのですが、静岡の選手がコロナにかかったことから、中止となりました。リコーは1週間空くわけですね。
 早くも序盤の山場に差し掛かってきました。

東芝ブレイブルーパス東京 選手雑感(1)

 先日のブログで、ざっくりとレビューを書いたのですが、何人かの選手について少し書いてみたいと思います。

1.左プロップ 藤野

 昨年は、元気だけが取り柄でスクラムは全くダメでした。それが今回はスクラムは ほとんど押されることがありませんでしたので、大幅に改善したと思います。
 左プロップは元々、スタメン三上、リザーブ田中、その次が金だったのですが、怪我なのかトレーニングマッチでもあまり出てなかったように思います。三上、田中は32~33歳くらいですので、世代交代が必要だったのですが、藤野が良いスクラムを組んでいたことで、若返りが図れそうです。
 また、リザーブに入っていた真壁ですが、元々は「右」プロップの選手です。身体が小さい(172cm)ので、左プロップに変わったのは良かったように思います。真壁もスクラムはしっかり組んでいましたので、期待が持てますね。
 今年コカ・コーラから塩田という若いプロップを採りました。怪我が多いポジションでもありますので3人は必要です。彼も早く成長して欲しいですね。

 

3.右プロップ 小鍛治

 小鍛治は昨年4月入部した、天理大出身の選手です。天理大学が初優勝した時のメンバーで、FBで出場した松永と一緒に入部してきました。177cmということで、プロップとしては少し小柄なのですが、彼もスクラムは安定していましたね。走力もありますし、とても魅力的な選手です。
 去年の右プロップは、スタメン深村、リザーブ知念だったのですが、深村の名前が見当たりませんでした。怪我かもしれません。まだ、30歳前ですし、早い復帰が待たれます。

 (続きます)

三井住友カード ようやく届きました。

 三井住友カードですが、1月9日(日)にようやく届きました。多分、年明け早々には届いていたようなのですが、住所が間違っており、戻っていたそうです。これは仕方ないのですが、ちょっと気になったところは、

1.連絡が来たのは1月6日(木)。

 12月20日前後に申込したのに、住所間違いの連絡が来たのは1月6日です。少し遅いかなという感じはします。

2.連絡はショートメッセージ。

 その連絡はショートメッセージだったんですね。ショートメッセージって、結構詐欺メールが来るので、直ぐに削除してしまうのですが、一応ネットで電話番号検索して、問題なさそうなので連絡しました。何故、三井住友カードからかけてこないのでしょうか?

3.連絡先が03の電話番号。

 0120のフリーダイヤルでないんですよ。カード会社なのに結構セコイですよね。で、また、一週間ほどかかるとのことでした。これにはビックリ。「また一週間ですか」と思っていたら、昨日届いたという訳です。

 

 今回は、SBI証券の積立投信用のカードとして申請しましたので、辛抱強く待ちましたが、普通にクレジットカードを持つだけなら、途中でやめてしまったかもしれません。
 遅延の理由は、自分の住所間違いなので仕様がありませんが、顧客サービスという観点では、?ですね。

 ま、一つ良いところをあげれば、オペレーターの対応が良かったというところでしょうか。多分、業者に委託しているかと思いますが、委託元がしっかりしているのだろうと推察しました。

リーグワン開幕(東芝ブレイブルーパス東京)

 ラグビーのリーグワンが開幕しました。私のひいきチームは東芝ブレイブルーパス東京です。今日は東京サンゴリアスとの一戦でした。今、JSPORTSを見終わったところです。結果は残念ながら、46-60で負けてしまいましたが、自分なりの感想を書いていきます。

 一列の選手が去年とガラッと違ってましたので、スクラムを心配していましたが、押されることもなく、大幅に改善されてましたね。また、ラインアウトも安定してました。セットプレーは良かったと思います。
 去年は怪我で試合に出なかったトム・テイラーのキックは安定してました。ロックの二人も、ラインアウト以外にフィールドプレーで活躍していましたので、今後期待が持てると思います。

 敗因は無駄な反則。特にオフサイド。自陣でのオフサイドは結構得点されてました。後半の途中からは少なくなったのですが、ここは要改善です。

 あと、外国人を含めた選手層、並びにフィットネスですね。ま、一番の要因はこれですね。後半15分過ぎくらいから立て続けにトライを取られました。サンゴリアスリザーブはほとんどスタメンと差がありません。東芝は若い選手が出てきてはいますが、まだレギュラークラスと差がありますね。

 でも、試合が決まった後とは言え、意地で2本トライを返しました。去年ですと、このままズルズルいって、更に大量失点をしていましたので、その点は改善されていたと思います。

 ぶっちゃけ、優勝は厳しいかもしれませんが、トップ4くらいは狙えそうな感じなので、期待しようかなと思います。

楽天銀行と三井住友カード

 楽天銀行ですが、数日前にやっと口座開設ができました。漸く口座開設が出来たのもつかの間、楽天銀行楽天証券で各種改悪が発表されました。

 まず、楽天銀行のマネーブリッジですが、普通預金金利が年0.1%になるという優遇措置がありましたが、2022年4月からは、300万円を超える部分の金利年0.04%(いずれも税引き前)に下がるそうです。

 また、楽天証券では、2022年4月から、保有する投資信託に対するポイント付与の方法が変わり、残高10万円ごとに3〜10ポイントを毎月還元していたのを、4月からは残高が一定の額に達した際にポイントを付与する形に切り替えるそうです。

 楽天銀行は一応開設したものの、多分さほど入金することはないので、そんなに実害ないですね。
 でも、楽天証券のポイント付与は若干影響が出そうですね。残高にもよりますが、仮に100万円入れておいたとすると、年で30~100ポイント減るということになります。
 まぁ、カード決済によるポイント還元がありますので、地味にこちらに期待しておきます。

 一方、SBI証券の投資積立用に申し込んだ三井住友カードですが、まだ発送されません(審査は通ったようです)。「1週間から10日程度で発送」ということでしたので、「年末には届くだろう」と思っていたら、まさかの越年。まだ年末年始の休暇中でしょうから、早くて今週末か、場合によっては三連休明けでしょうね。